ネオクラシックなメルセデス、ヨーロッパ車のことならグランロッソにおまかせ下さい♪
079-236-8000
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:不定休※ご来店の際は事前にご連絡お願い致します。

GMやりますね!

2009.07.24
【兵庫県 姫路市の輸入車販売・買取 グランロッソ】


こんにちは、Mです。

GMやりますね!
この前の新型カマロに映画「トランスフォーマー」バージョンが出たらしいです。

記事によると・・・
GMは22日、映画『トランスフォーマー』とタイアップし、北米仕様のシボレーカマロに、
「トランスフォーマースペシャルエディション」を設定した。映画『トランスフォーマー』は現在、
第2作目の『トランスフォーマー:リベンジ』を公開中。前作同様に、GM車をベースとした
「AUTOBOT」(オートボット)が活躍。カマロはそのオートボットの1台、「バンブルビー」役で
出演している。カマロのトランスフォーマースペシャルエディションは、このバンブルビーを再現した
特別仕様車。外観はラリーイエローのボディカラーを採用し、ボンネットには光沢ブラックのストライプが入る。さらに、センターコンソール、フロントフェンダー、ホイールキャップには、オートボットの
マークを装着。ボンネットのストライプ、サイドシルプレートには、トランスフォーマーのロゴを添えた。
また、XMサテライトラジオ、オンスター、BluetoothとUSB接続ポートも標準装備。ベースグレードは「LT」と「SS」。LTは3.6リットルV6(304ps、37.7kgm)を搭載。6速MTと6速ATを用意し、
EPA(米国環境保護局)高速燃費は約12.3km/リットル。SSは6.2リットルV8を積み、6速MT仕様は「LS3」型(426ps、58kgm)、6速AT仕様は「L99」型(403ps、56.7kgm)となる。L99型のEPA高速燃費は、約10.6km/リットルだ。トランスフォーマースペシャルエディションは、LTとSSにパッケージオプションという形で設定され、価格はベース車両の995ドル(約9万3000円)高。北米市場のみで販売される。

いやあ、カッコいいじゃないですか!映画を見たとき、これ発売したら絶対に売れるのに・・・なんでGMさんはすぐに造らないかな?と思いました。やっとGMもカスタマーの本当に欲しいクルマがわかってきたのかなという気がします。

ボディカラーも「ラリーイエロー」と聞いて、往年のカマロRS(ラリースポーツ)を思い出します。頑張れ!GM