ネオクラシックなメルセデス、ヨーロッパ車のことならグランロッソにおまかせ下さい♪
079-236-8000
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:不定休※ご来店の際は事前にご連絡お願い致します。

F1公式予選観戦記

2009.10.3
【兵庫県 姫路市の輸入車販売・買取 グランロッソ】

こんにちは、Mです。

今日は、F1マシンのフリー走行とF1公式予選、ポルシェカレラカップ第9戦の決勝レースが行われました。昨日とはうってかわった晴天の中、午前中のフリー走行のトップタイムをマークしたのはTOYOTAのヤルノ・トゥルーリでした。二番手はトロロッソのセバスチャン・ブエミ、三番手はウィリアムズのニコ・ロズベルグでした。中嶋一貴は、頑張りましたが、惜しくも第15位でした。

午後の部に備えて昼食をとることに、せっかく鈴鹿のF1グランプリに来てるのですから、F1弁当を食べることに・・・。

さて、午後の公式予選の始まりです。最初のQ1で20台が15台に絞り込まれます。そしてQ2で先頭を切って出たのは、フェラーリのキミライコネン。スタンドは拍手喝采です。その後トロロッソのJ・アルグエルスアリが、いきなりクラッシュ!マシンは頭からバリアに突っ込みアウト。ここでレッドフラッグが出され一時中断です。アルグエルスアリを救出しにAMGC63が出動です。しかしその到着スピードの速いこと速いこと。鈴鹿のコースを2分30秒台で走ると言われ、これはポルシェのカップカーと同じタイムだそうです。ほら速いはずですわ。予選再開して直ぐに、今度はTOYOTAのティモ・グロックが最終コーナーで勢いあまってコースを飛び出しクラッシュ!又もや一時中断です。かなりのクラッシュでしたので容態が心配です。さて、最終予選のQ3スタート!が、直後にマクラーレンのコバライネンがクラッシュ!又もやレッドフラッグで中断です。時間が限られているので、各マシンはワンラップに賭けるようです。波乱の鈴鹿公式予選は進み、予選のPP獲得はレッドブルのベッテル、二位はTOYOTAのトゥル ーリ、三位はマクラーレンのハミルトン。以下スーティル、バリチェロ、ハイドフェルド、バトン、ライコネンの順番です。最後の一周に賭けるドライバーの意気込みは十二分に伝わってきました。

その後審議があり、ペナルティを受けたドライバー順位はさらに入れ替わるみたいですが・・・。明日はいよいよ決勝レースです!誰が勝ってもおかしくない波乱の起きそうな鈴鹿GPです。今日もみんな勝ちに行く気が強いあまり、クラッシュ続出でしたからね。ではまた明日。