ネオクラシックなメルセデス、ヨーロッパ車のことならグランロッソにおまかせ下さい♪
079-236-8000
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:不定休※ご来店の際は事前にご連絡お願い致します。

9分間の名作 続き

2009.09.30
【兵庫県 姫路市の輸入車販売・買取 グランロッソ】

こんにちは、Mです。

さて、昨日の続きです。映画の題名は「RENDEZVOUS」ランデヴーです。強烈なフェラーリV12サウンドが全編吠えまくり、あたかも自分自身が運転しているかのように錯覚する映像はクルマ好きにとっては、傑作中の傑作です。下手したら大事故にもなりそうなもんですが、このフェラーリ275を運転していたのは、1955年のモナコGPでフェラーリに乗って優勝!1950年代のトップランクのF1ドライバーだった「モーリス・トランティニアン」。いやあ、運転が上手いのは当たり前ですね。シフトダウンの時の、ブリッピング回転の合わせ方も見事ですしね。

ところで、この映画はいろんな逸話がありまして、人や車にぶつかりそうで社会では批判されてしまいそうな映画でですよね。その証拠に監督の「クロード・ルルーシュ」は撮影後にパリ警察に逮捕されてしまいました。また、実際に走行してるのはメルセデス・ベンツで、音はあとから被せてるという話もあったり・・・。まあそんな話はいいですから、一度見てみてください。みなさん御存じのYou Tubeで。

その1 http://www.youtube.com/watch?v=0gWpjvAyDZo

もうひとつ、面白いことが出来ますよ。Google mapのマッシュアップ機能を使って、実際の走行ルート、そうです、「ランデブー」のフェラーリ275GTBが激走したルートを教えてくれるサイトをご紹介します。パソコンのブラウザその1.とその2.を二つ開けて、同時にスタートしてみて下さい。映画を見ながら、激走ルートを目の当たりに確認できてしまいますよ。

その2. http://bhendrix.com/wall/Gmaps_GVideo_Mashup_Rendezvous.html 

その2.はスタートボタンではなく、「GO!」ボタンをクリックしてくださいね。

それでは、9分間の「超名作」をお楽しみ下さい♪ 超名作?「ランデヴー」です