ネオクラシックなメルセデス、ヨーロッパ車のことならグランロッソにおまかせ下さい♪
079-236-8000
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:不定休※ご来店の際は事前にご連絡お願い致します。

日米ハイパワー対決!

2009.12.9
【兵庫県 姫路市の輸入車販売・買取 グランロッソ】

こんにちは、Mです。
海外サイト『モータートレンド』が、日産の誇る世界戦略車『GT-R』とフォード・マスタングのハイパーチューニング版『シェルビーGT500・スーパースネーク』の加速テストの様子を公開しました。

GT-Rは、日本が誇るスーパースポーツ。3.8リットルV6ツインターボ(485ps、60kgm)に、4WDと6速デュアルクラッチMTを組み合わせ、0-100km/h加速3.5秒、最高速310kmという驚異的な性能をマークするのはご存知のとおり。GT-Rは今年4月、ニュルブルクリンクでタイムアタックを行い、7分26秒70という自己ベストタイムを更新したとこ。価格は861万円とこれも国産車にしてはスーパークラスです。対するスーパースネークはマスタングの高性能版「シェルビーGT500」の頂点に立つモデル。フォードのスペシャル・ビークル・チームと、60年代に『シェルビーACコブラ427』など伝説のスポーツカーを生み出したキャロル・シェルビー氏が率いるシェルビー・オートモービル社が共同開発した最強のマスタング。GT500のエンジンは、5.4リットルV8スーパーチャージャー(540ps、70.5kgm)。スーパースネークでは、過給機の容量を上げ、最大出力630ps、最大トルク80.4kgmを発揮。その上のハイチューンバージョンは、750ps、98.2kgmというモンスター。大きく盛り上がったボンネットが、スーパースネークの特徴です。価格は8万4390ドル(約750万円)からとGTRに比べるとちょっとお得な感じです。加速テストは、0~400m方式で実施。GTRの別名「ゴジラ」対アメリカの「スーパースネーク」の対決、馬力とトルクだけをみると圧倒的にスネーク有利ですが、リアサスのリジットはかなり不利なのは確実です。対するGTRは4輪駆動でスタートのトラクションは抜群。485馬力対630馬力ですが、勝負は意外とあっさりGTRの勝ち、というか全然違いました。あと600m足して0~1000m勝負だと同着くらいになったかも?やっぱりGTRは速いです。 その対決動画は

http://www.youtube.com/watch?v=haBopTY_D98&feature=player_embedded 日産の世界戦略車「GTR」
最大出力630ps、最大トルク80.4kgmを発揮する「スーパースネーク」