ネオクラシックなメルセデス、ヨーロッパ車のことならグランロッソにおまかせ下さい♪
079-236-8000
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:不定休※ご来店の際は事前にご連絡お願い致します。

新型ベントレーやいかに

2009.08.17
【兵庫県 姫路市の輸入車販売・買取 グランロッソ】

こんにちは、Mです。

全然私には似合わない新型ベントレーが新型発表です。

カリフォルニアで開催中の「第59回ペブルビーチコンクールデレガンス」で、ベントレーが新型車『ミュルザンヌ』を初公開したらしいです。

車名のミュルザンヌとは、ルマン24時間レースの行われるフランス・サルテサーキットに由来。全長6kmものストレートの終わりに待ち受ける90度のヘアピンカーブが、「ミュルザンヌコーナー」。

ベントレーは創成期の1930年、8リッター!という当時最強のグランドツアラーを発表。最高速160km/h以上を誇り、1931年にかけて100台が生産された伝説のモデルだそうです。

新型ミュルザンヌは、この8リッターがモチーフになっているとか。全体的なフォルムは、クラシックベントレーを現代流にアレンジしたもので、豊かなフェンダーラインや、優雅さを感じさせるリアビューが特徴。ベントレーの精神、「パワー&スピード」が巧みに表現されてるといいます。

外観で目を引くのは、8リッターから受け継がれた丸型ヘッドランプ。そのデザインは非常に凝ったもので、LEDのデイタイムランニングライトで縁取られているのが確認でき、ベントレー伝統のフロントグリルと組み合わせられ、新しい表情を作り出しているとされております・・・。

・・・が、Mは一目見てコレって光岡のガリューにそっくりやん!
はたまた、ガリューがミュルザンヌの旧型を真似てるのかと思えて仕方ありません。

ベントレーはエンジンなどの詳細を、9月に開幕するフランクフルトモーターショーで公表予定です。
ロールスロイスの極デカ『ファントム』や走る「ナマズ」のようなダイムラーの『マイバッハ』と競合するハイエンドサルーンの誕生ではありますが、はっきり言って私にはよく分らない世界です。

あと何十年か経って、ヨボヨボお爺ちゃんになっても、
自分でヴィンテージ・スーパーカーの運転を楽しむタイプでいたいMなのでした。 新型ベントレーです
光岡のガリューです